ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

他の青汁と緑効青汁の成分の違いは?

普通の青汁とココが違う!緑効青汁の成分とは

普通の青汁とココが違う!緑効青汁の成分とは

青汁と言うとアサヒ緑健というくらい、様々な種類の青汁を提供しています。 その中の1つが「緑効青汁」であり、ユーザーからの評判も高く評判を呼んでいます。 アサヒ緑健の「緑効青汁」は、普通の青汁とは違うと言われていますが、それは製品に含まれている成分を見れば分かります。

人気のアサヒ緑健の「緑効青汁」について

アサヒ緑健の「緑効青汁」は、ご存知の方もいるかもしれません。

実際に摂取して効果を実感している人もいますので、初めての方でも十分オススメできる青汁です。

緑効青汁は、青汁専門のメーカーであるアサヒ緑健から発売されています。

この製品には、新鮮な野菜がたくさん入っています。

主原料は大麦若葉ですが、これを中心に乳酸菌やオリゴ糖など様々な栄養成分が、バランス良く含まれています。

この製品が1つあれば、日頃の野菜不足も十分に解消できます。

また、気になる値段は1包当たり110円と、とてもお手頃な価格になっていますので、青汁のコスパに注目していた方にもオススメです。

無農薬の新鮮な野菜がたくさん入った青汁を飲みたいという方は、試してみてはいかがでしょうか。

飲むだけで健康になれ、以前と比べて体が元気になってきます。

有機JAS認定の青汁

アサヒ緑健の「緑効青汁」は、有機JAS認定の青汁であることでも知られています。

このような有機JASを取得した農産物は全体の1%程度と言われており、それだけ安全性の高い厳しい条件をクリアした農産物と言えます。

有機JASを取得した緑効青汁は、無農薬野菜がたくさん使われていますので、小さいお子さんからお年寄りまで、幅広い年齢の方たちから親しまれています。

しかし、有機JASが認定しているのは大麦若葉といった野菜成分だけですので、その他の添加物については注意する必要があります。

アサヒ緑健の緑効青汁の中には、体に害になる成分は含まれていませんが、だからと言ってたくさん摂取してしまうと、お腹が緩くなってしまう還元麦芽糖や水溶性食物繊維が入っていますので気を付けてください。

正しい飲み方、1日1包という量はきちんと守って飲めば安全ですので、日頃から注意しておきましょう

ちなみにアサヒ緑健の「緑効青汁」には、青汁成分以外にはサンゴカルシウムや水溶性食物繊維なども含まれています。

これら2種類の乳酸菌や水溶性食物繊維、さらにオリゴ糖は腸内環境を良くしてくれる成分でもありますので、日頃から便秘で悩んでいる人にもオススメです。

また、カロリーは10kcal前後になりますので、現在ダイエット中の方やメタボ体型が気になる方には最適です。

1箱あたりの値段は9,980円ですが、90包入り且つ3ヶ月分入っていますので、長く続けたい方に適した製品ではないかと思います。

アサヒ緑健の「緑効青汁」の成分について

アサヒ緑健の「緑効青汁」は、含まれている成分にも秘密があります。

こちらの製品には、大麦若葉、乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維が主原料として入っており、このうち大麦若葉はオーガニックですので、通常の青汁と比べて栄養が豊富になっています。

そのため、この緑効青汁だけの野菜の配合でも、十分な量の栄養を摂取できます。

ここに含まれている大麦若葉の栄養成分ですが、1日3包の摂取をすることで、ほうれん草1株分に当たる鉄分、めざし5尾分に当たるカルシウム、サラダ菜の1束分に当たる食物繊維、そしてこんにゃく1.2枚分にあたるカリウムなどを摂取できると言われています。

このように1つの製品に含まれている栄養成分が多いので、他の青汁から乗り換えてくる人も少なくありません。

これは口コミや体験談などからも確認できますが、それだけ人気がある証拠でもあります。

次に乳酸菌ですが、乳酸菌は熱や酸に弱い性質があり、生きたまま腸まで届かないことも多いです。

そのため、アサヒ緑健の「緑効青汁」ではその点も考慮して、バリアコート乳酸菌と有胞子性乳酸菌という、腸まで確実に届きやすい乳酸菌を配合しています。

それと同時に、腸の中で良い菌として知られており、善玉菌のエサになって増殖する「イソマルトオリゴ糖」と「フラクトオリゴ糖」など、2種類のオリゴ糖もしっかり配合しています。

これらの成分が体内に入ることで善玉菌の活動が活性化され、腸内環境が整います。

そのため整調作用、美容・美肌効果、免疫力アップ、アンチエイジング効果、コレステロール抑制効果なども期待できます。

そして食物繊維も重要であり、この食物繊維は善玉菌を増やす役割を持っています。

食物繊維を摂取することで腸内環境が整い、他にも糖尿病・肥満予防、血圧改善などの効能を得ることもできます。

アサヒ緑健の「緑効青汁」には、体に良い成分がたくさん含まれていますので、多くの効果を期待できるでしょう。

製品の飲みやすさについて

アサヒ緑健の「緑効青汁」は良い成分がたくさん入っていますが、その飲みやすはどうなのでしょうか。

青汁というと「まずい」、「苦い」、「青臭さ」などが指摘されることがありますが、アサヒ緑健の「緑効青汁」はその心配はありません。

この製品は、新鮮な大麦若葉を収穫してすぐに加工しており、それでおいしさを維持しているのです。

また、香りをまろやかにするために抹茶とブレンドするなど、よりおいしく飲めるよう様々な工夫が施されています。

さらに還元麦芽糖などの添加物の配合もされていますので、おいしさが極まっています。

ですので、味については特に問題はないと見て良いでしょう。

また、1日当たりの摂取量は3包と言われています。

これから計算すると1日10.5gになり、その価格は約110円になります。

この内容量でこの価格ですので、全体的なコスパは良好であると見て良いでしょう。

  • 「便秘が良くなった」
  • 「肌がキレイになった」
  • 「体が元気になった」
  • 「日頃の野菜不足が解消できた」

など、ネット上には様々な口コミがありますので、確認してみてください。

まとめ

アサヒ緑健の「緑効青汁」には、体に良い栄養成分がたくさん含まれています。

その1つが新鮮な大麦若葉であり、この大麦若葉が他の製品より多めに含まれているのが特徴だと言えます。

またコスパも良いので、検討してみると良いでしょう。