ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

中性脂肪対策にも青汁は効果的!

コレステロールや中性脂肪を下げる!青汁の効果!

コレステロールや中性脂肪を下げる!青汁の効果!

職場の健康診断などで、コレステロール値を指摘されたことがある人もいるかもしれません。 そのまま放置しておくと、さらに悪化してしまう可能性がありますので、早めに対処したいものです。 このコレステロールや中性脂肪を下げる効果が期待できるのが、青汁です。

コレステロールや中性脂肪異常のリスクについて

健康診断などで、コレステロールや中性脂肪異常の診断を受けた方はいませんか?

これらの数値はその値が高くても、すぐに自覚症状が出てくるわけではありません。

しかし、そのまま放置していると悪化してしまい、動脈硬化など大病に繋がる可能性があります。

さらに、これに肥満や高血圧といった生活習慣病が重なると、命に関わることもありますので注意したいところです。

そろそろ対策を、と考えている方も多いかもしれませんが、そろそろではなく今日から、今すぐにでも始めた方が良いでしょう。

中性脂肪というのは、体内に残ったエネルギーが内蔵脂肪や皮下脂肪の形で蓄積されたものです。

この中性脂肪が増加してしまうと血液がドロドロの状態に変わり、悪玉コレステロールが増えてきます。

悪玉は善玉を減らす原因菌でもありますので、増えないようにする必要があります。

この中性脂肪は、あまり良くないイメージがありますが、実は良い面もあります。

例えば、体のエネルギーが必要になったときに使用される他、体温を維持したり内蔵などを保護したりする作用もあります。

このように、私たちの生命維持に大きな役割を持っています。

そのため、なくなってしまうと困りますので、ちょうど良い状態に維持していくことが大切なのです。

また、コレステロールは血液中に含まれている脂分のことで、悪玉菌と呼ばれる「LDLコレステロール」と、善玉菌と呼ばれる「HDLコレステロール」に分類されます。

このうちLDL菌は肝臓で作られたコレステロールを全身に運ぶ作用を持っており、HDL菌はコレステロールの余った分を回収してくれる役割があります。

善玉菌、悪玉菌、それぞれ大切な役割を担っていますので、バランス良く存在することが重要です。

LDLコレステロールが多すぎたり、HDLコレステロールが少なすぎたりしても、良くないと言えます。

コレステロールと中性脂肪はとても大切な役割を担っていますが、その数値が増えてしまうと体に異常が生じてしまうので、注意しておく必要があります。

様々な対策がありますが、私たちの身近な存在である青汁製品の摂取で、改善できる可能性があると言われています。

それぞれの数値に異常がある方は、まずは青汁を飲んでみてはいかがでしょうか。

青汁がコレステロールや中性脂肪に効く理由「食物繊維」

コレステロールや中性脂肪異常に青汁が効果あると言われていますが、それは製品に含まれている成分に秘密があります。

青汁に含まれている成分が、様々な働きをしてくれるからです。

その1つが「水溶性食物繊維」であり、水溶性食物繊維は、コレステロールや中性脂肪を排出してくれる作用を持っています。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、多くの青汁製品に入っています。

この水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の力によって、病気に打ち勝つことができるのです。

この食物繊維には便秘改善効果もありますが、コレステロールや中性脂肪値の改善にも威力を発揮してくれます。

ですので、青汁製品を探している方は成分を確認しておきましょう。

青汁製品には粉末タイプや冷凍タイプのものがありますが、水溶性食物繊維の量で製品を選ぶのであれば、粉末タイプより冷凍タイプがオススメです。

しかし、粉末タイプの製品の中にも、水溶性食物繊維がたくさん含まれているものがあります。

さらに水溶性食物繊維の一種である「難消化性デキストリン」を含んでいるものもありますので、確認しておくと良いでしょう。

消化性デキストリンは、トウモロコシデンプンなどから生成された成分であり、整腸作用や食後の血糖値上昇を抑制してくれる作用があります。

また、中性脂肪の上昇も抑制してくれる作用も持っており、消費者庁より特定保健用食品、いわゆるトクホの許可を受けています。

青汁がコレステロールや中性脂肪に効く理由「カルコン」

青汁がコレステロールや中性脂肪に効く理由としては、「カルコン」という成分にも秘密があります。

カルコンは明日葉に含まれている成分であり、体内の脂肪を代謝させる作用を持つポリフェノールのことです。

この成分は中性脂肪を減少してくれる効果以外に、脂肪肝改善や動脈硬化防止の作用も持っています。

また、脂肪細胞より「アディポネクチン」と呼ばれる分泌タンパクを生成し、コレステロール値を低下してくれます。

その結果、動脈硬化や脳卒中などの大病防止も期待できます。

さらに、血糖値や血圧を下げてくれる作用もありますので、メタボリックシンドローム対策にも有効です。

青汁がコレステロールや中性脂肪に効く理由「DNJ」

青汁がコレステロールや中性脂肪に効く理由としては、この「DNJ」も忘れてはいけません。

DNJ「デオキシノジリマイシン」は桑の葉特有の成分であり、食後の血糖値上昇の抑制効果を期待できます。

さらに、中性脂肪やLDLコレステロールの数値を下げてくれる作用も持っています。

その他の成分について

青汁製品には、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、β-カロテンなど、様々な成分が含まれています。

これらビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、β-カロテンは抗酸化作用を持っており、血液中にあるコレステロールが酸化して起こると言われている動脈硬化防止にも効果があります。

またビタミンCには胆汁酸の合成作用や、LDLコレステロールを消費してくれる作用もあります。

さらに、ビタミンEは善玉コレステロールの増加してくれる効果も持っています。

このように、青汁には多くの効果を期待できます。

まとめ

健康に良いとされる青汁製品には、コレステロールや中性脂肪を下げてくれる効果があります。

健康診断などでこれら数値の異常を指摘された方は、試してみると良いでしょう。

継続使用することで効果を実感できるはずです。

3000人の経験者が選んだ!
青汁ランキング

1

オーガニックモリンガの恵

総合評価4.3

青臭さ 4.1
苦さ 4.2
甘さ 4.0
舌触り 4.8
1杯あたりの価格 4.0
溶けやすさ 4.2

オーガニックモリンガの恵のおすすめポイント

●ロートが製薬会社の視点で作った青汁です。 今話題のスーパーフード「モリンガ」を配合!奇跡の木と言われる「モリンガ」は7大栄養素を含み 抜群に栄養価が高いといわれています。モリンガを摂ることでビタミンやミネラル等の野菜の栄養も 簡単に補うこ...

2

俺の青汁

総合評価4.0

青臭さ 4.2
苦さ 4.0
甘さ 4.0
舌触り 3.1
1杯あたりの価格 4.0
溶けやすさ 4.1

俺の青汁のおすすめポイント

●【日本初】1杯4役!ビジネスマンの健康と活力をサポート! 今までにない【青汁+活力のハイブリッド青汁】です! 俺の青汁は、栄養価の高い桑の葉に、21種類のアミノ酸やミネラル、 還元成分など活力不足をサポートする素材をプラスした、ハイブリ...

3

サンスター粉末青汁

総合評価3.8

青臭さ 4.1
苦さ 4.1
甘さ 3.8
舌触り 3.0
1杯あたりの価格 4.0
溶けやすさ 4.0

サンスター粉末青汁のおすすめポイント

●100%国産 ・野菜5種類!1杯で1日の野菜不足が補えます。 ・100%国産野菜使用 ・5種類の野菜粉末を使用 ・一日分の不足分も補える野菜使用量 ・つなぎ等一切無添加 ・他の青汁にくらべて一包の量が2.5倍 (10g)